不動産売却はタイミングによって査定額が違う!
ロゴ

損をしないための不動産売却方法【築浅は特に要注意】

売り時を把握することも大切

不動産売却は、そのときの相場によって価格変動します。タイミングによって高く売ることもできれば、安く買取することができます。まずは、どのような売却のタイミングがあるのかランキングでみていきましょう。

不動産売却のベストなタイミング

家
no.1

相場が高いときに売却

不動産売却をしたい時は、安い時に購入して相場が高くなった時に売却するのが一番よいタイミングです。ただし、素人が不動産相場を見極めるのは難しいので、いつでも相談しやすい不動産会社をみつけて情報交換するとよいアドバイスをもらうことができます。

no.2

シーズンにあわせて売却

不動産相場をみて売却すると、相場が安いときは売却することができません。売却を考えている人のなかには、早めに売りたい人もいます。そういう場合は、新年度の始まる前の引越しの多い1月から3月のタイミングがベストです。なぜなら、引越しや子供の進学を目処に住宅を検討する人が多いからです。

no.3

築年数をみて売る

建物の相場が下落するターニングポイントは、築15年を目処に下がっていきます。ですので、この期間内が売ると安売りせずに済むでしょう。

不動産売却はタイミングによって査定額が違う!

つみき

築5年以内で売却すると危険!

築年数が浅いと物件の状態も良いため、高く売りやすいです。ですが、不動産を5年以内に売却してしまうと所得税や住民税に重くのしかかる税金の仕組みになっているので、早すぎるのは得策ではありません。利益ばかりに目がいってしまうと、かえって出費が増えてしまいます。

女性

2つの不動産買取方法

不動産買取には、「即時買取」と「買取保証」があります。直ぐにでも買取してもらいたい場合は、即時買取をしている不動産会社を選びましょう。急ぎではない人は、一定期間がすぎても売れない場合に不動産会社が買取る買取保証を選択すると良いでしょう。

専門家へ相談

不動産の売買は大きなお金が動くため、安易に考えてしまうと思わぬ損失を招くことがあります。売るまでの期間は長くても高くうりたい人、安くてもいいから早くお金に変えたい人など様々です。損をしないためにも、不動産会社と相談しながら話をすすめていくようにしましょう。

広告募集中